​治療内容

うめやま鍼・温灸院 代々木上原 鍼灸 び

​鍼灸治療

鍼灸1.jpg

鍼灸治療は身体の治癒力を高め、免疫力を向上します。

免疫の主役を務めるのは白血球の役割です。
白血球は癌細胞やウイルスに対応するT細胞、B細胞、NK細胞などのリンパ球と、マクロファージ、好中球、好酸球、好塩基球などがあります。
さまざまな種類の白血球が役割分担を行いながら免疫機構を維持します。
鍼灸の効果の一つにこれら白血球の増加、遊走速度の向上などがあります。

免疫の主役である白血球が増え、活性が上がれば、自己治癒力で病気を治療し、また病気にもかかりにくくなるというわけです。
エイズなどT細胞が弱体化する免疫不全にも鍼灸治療が取り入れられている事から免疫力向上に有効な治療手段であることがわかります。

私たちの身体のなかには、痛みを起こしていろいろな危険信号を発してくれるヒスタミン、ブラジキニンなどの「発痛物質」と、痛みを抑えてくれる エンドルフィン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの「鎮痛物質」があります。

エンドルフィンは大脳中枢で形成される物質で、モルヒネの数百倍もの鎮痛効果があるといわれています。
鍼灸治療には、これら鎮痛物質を大脳中枢で産出させる強力な鎮痛作用があります。
痛みを取る際に通常用いる麻酔薬のかわりに鍼麻酔が行われることさえあります。
鍼麻酔では「痛覚」だけが消え、他の機能や意識はすべて正常に働くので、安心して使う事ができます。
 

ホリスティック医療として

身体は自然の摂理にあわせて常に変化をしています。
その身体の内部変化を鏡のように映し出すのがツボです。
ツボを観察する事によって身体の状態を把握し、反応の現れているツボ、
より効果的なツボを選び病変を治すことが鍼灸治療の基本です。

前述したように身体は刻々と変化するものなので、時間によって選ぶツボが変わってくることもあれば、
同じ症状の方でも使うツボは全く 異なったりするのです。
身体の内部変化に応じてツボの場所さえも動きます。
しかも鍼の深さ、鍼を置いておく時間、鍼の刺激量、どんな種類の灸を使うかどうかなど
同じツボでもアプローチの方法は千差万別です。
354も有る経穴(WHO経穴部位国際標準化公式会議で認定)の中から、その時その症状、その人に最適なツボを正確に選んでこそ最大の治療効果が望めるので、「○○病には ○○のツボ」という単純な結論は出せません。

問診の際には、症状に関係ない質問をしている様に思われるかもしれません。
肩凝りを訴えている患者さんに舌の色を観たり、脈をとったりしているのも、
様々な身体情報を収集して全体像の把握をしようとしている ためです。
些細な、しかし重要な身体の発する信号を分析するのが我々鍼灸師の最も得意な分野です。

​灸頭鍼

灸頭鍼.jpg

灸頭鍼は約90年前に誕生しました。

刺鍼した鍼の上に、お灸をのせます。燃えたお灸の熱がステンレス製の鍼を通して、刺鍼深度まで熱を伝えることができ、また間欠熱により周囲からも温めることができます。身体の内外から温まり、ぽかぽかしてきます。

急性疾患から慢性疾患まで幅広く治療効果があります。

首や肩のコリ、腰の痛みをはじめとする症状から、自律神経系の症状である慢性的な疲労、だるさ、めまい、片頭痛、動機、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感を治療します。

​美容鍼

美容鍼3.png

鍼の刺激により、表情筋の柔軟性の向上、減っている真皮層のコラーゲンやエラスチンの増加、血流量の増加など自然治癒力が活性化され、たるみ・しわ・シミ・むくみなどの改善が期待されます。

鍼が刺さっている時間は特に血液の循環が良くなり、栄養に富んだ血液が細胞に行き渡ります。

この反応は約120分続き、その後2~3日で緩やかになると、研究で明らかとなっております。

​カッピング・刺絡療法

吸い玉.jpg

カッピングとは、ガラス容器(カップ)を体に当て、その中の空気を抜いて気圧を下げます。
そして皮膚に吸着したカップが、体に溜まっていた悪い・汚い血(瘀血)をうっ血(内出血)させて血流をよくしてくれるのです。リンパマッサージに似ている感覚です。
また刺絡療法は、カッピング前に専用使い捨て鍼で皮膚に傷をつけ、瘀血を体外に排出させる手技です。
排出されることにより、無くなった瘀血分の血液を骨髄が新たに生成し、血液の循環を良くします。

カッピング・刺絡療法後には、容器の痕の内出血婚が残る場合がございますが、3~10日ほどで消失します。
アメリカの水泳選手、マイケルフェルプス選手の身体にあった紫色の跡で、話題になったこともあります。
痕が長く残る場合は、その部位の血流がほかの部位に比べ悪いということです。
ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

​顎関節矯正

square_69c4a889.jpg

歯科医師・歯科衛生士も行う技術で、22個の骨で構成される頭部をはじめ顎関節周囲の筋肉・関節の調整を行います。収縮した筋肉を補正しながら下顎の歪みを正しい位置に矯正して行きます。身体全体とバランスの取れた、本来の顎位に誘導され、顎位が生体に馴染むことができます。
長年歪んだ状態で日常生活を送っているので、筋肉の使い方に癖や偏りがあります。
口輪筋、笑筋、眼輪筋など、表情筋にアプローチすることで、歪みの改善が期待できます。

​全身調整マッサージ

指圧1.jpg

頭の先からつま先まで、全身の状態を整えるマッサージです。
指圧や押圧を主に行い、特に気になる部位を中心に施術することも可能です。
皮膚の働きを活性化し、筋肉を和らげ、血液リンパの循環を促します。
また、骨格を矯正し、神経や内分泌の働きを調整し、同時に内臓の働きを活発にします。